Home > Tags > THE SAD CAFE

THE SAD CAFE

原宿のピンボール

ピンボール探訪記。先週の水曜日に、仕事帰りにちょろっと原宿のピンボールを確認してきた記録。
 
● TOY SAPIENS
原宿のアメリカンフィギュア専門店、TOY SAPIENS。久々に行ったけど、元気に2台とも動いていた。買い物や見物のついでにピンボールに触っている人が結構いた。いいことだ。

Batman (Stern,2008)
Iron Man (Stern, 2010)

 
Batmanは、右手前のクレーンのホールの調子が若干悪い。それ以外の状態は良好。Iron Manは、プランジャーにボールが出てこないことが1回だけあった。たまたまかもしれないけど。それ以外は特に問題なし。開店当初と比べると球足が落ちて簡単になっている模様。
 
 
● THE SAD CAFE
カフェバー、THE SAD CAFEには以前Gulfstream (Williams, 1973)が置いてあったが、こちらはMacArthur Garageに移って、設置機種が変わっていた
 
Red & Ted’s Road Show (Williams, 1994)
 
 
台自体の整備状態は良好。Tiltはなし。それはともかく、台の4脚にキャスターがついていて、台の感触がフニャフニャしていて恐い。揺らしやすいけど、むしろ恐くて揺らせないw こういうのは、初めて見たなあ。

THE SAD CAFEとCafe Cherirにピンボール復活

一時期、ピンボールが消滅していた原宿のTHE SAD CAFEと、三宿のCafe Cherirピンボールが復活していた。
 
THE SAD CAFEのほうはドラピン。
Gulfstream (Williams, 1973)
 
20100911_01 20100911_02
 
整備状態はまぁまぁ。ライト類がいくつか消えているが、プレイには問題なし。初見だけど、機種としては可もなく不可もなく。4万点弱までしかいかなかったからかなぁ。Specialがバンバン獲れれば楽しいのかもしれない。
 
Cafe Cherirのほうは、どこかで見た台。
Jacks to Open (Gottlieb, 1984)
 
20100911_03 20100911_04
 
整備状態は良好。右のバンパーのライトだけ切れていた。こちらはスコアアタックして200万点を越えたけど、店員のスコアに追い付けず。恐るべし、cafe Cherirの店員。そういえば、Monday Night Footballのときもそうだったよな〜。
 
最近、東京近郊でピンボールを置く店がかなり増えたように感じるんだけど、気のせいかしらん?

THE SAD CAFE (撤去)

原宿のTHE SAD CAFEに行ったら、ピンボールが撤去されていた。
悲しい。跡地には、ICビンゴのバックグラスが残るのみ・・・
 
20090708_01
 
この店は立地が良かったし、Cycloneも結構面白かったんだがなぁ。

THE SAD CAFE

原宿にあるカフェバー、THE SAD CAFEにピンボールを探しに行った記録。
 
今日は仕事帰りに、明治通り沿いにある「b6」の6Fにあるカフェバー、THE SAD CAFEに行ってみた。エレベーターで6Fに上がると、店の入り口のすぐ外にピンボールが置いてあった。機種はCyclone (Williams, 1988)。最近、1990年前後の台との遭遇率が高いなぁ。
 
20090525_01 20090525_02
 
この台は遊園地がテーマで、バックグラスの観覧車がルーレットになっているのが印象的な台。プレイしてみるとなかなか難しく、ミスショットは即、死に繋がるという大変初心者向きではない、なんというか、そう、『殺しに来る』感じの台ですよ、これは。そのかわり、きっちりランプにボールを通せればみるみるうちに点が伸びてゆき簡単にリプレーが取れるので、上級者向きですね、これは。
 
20090525_03
 
【本日のスコア】
Cyclone : 5,377,990点

 
この台は9,999,990点でカンストみたいだけど、配点的にそれぐらいの点は出そうな気がする。そういうもんなのか? ともかく、次はカンストを目指しに行こう。

Home > Tags > THE SAD CAFE

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card