Home > ピンボール > IFPA9 Archive

IFPA9 Archive

Jack*Botの戦略

今日は、NW Pinball Championshipの決勝で見たJack*Botのプレイが衝撃的だったのでご紹介します。素晴しいプレイをあとから動画で見られるとは、良い時代だなあ。
 
Jack*Botは、大会に向かない台だと思っていたけれども、この対戦を見て認識が変わりました。非常に戦略的な台だと思います。決勝戦は世界ランキング3位でIFPA8の勝者であるCayle George、世界ランキング10位の若手選手Robert Gagno、世界ランキング2位でIFPA7の勝者である(そして、IFPA9にも勝つことになる)Daniele Celestino Acciari、世界ランキング16位のやや上の世代の名選手でピンボールのソフトウェア作成の中の人Lyman Sheats4人の対戦で行われました。
 

 
youtubeには撮影サイズそのままの映像が上がっているようなので、台の部分を拡大してご覧下さい。
 
Cayle Georgeの1球目の戦略とそれを実現する技術が圧巻で、1球目の60億点で勝負あったかのように見えましたが、Daniele Celestino Acciariがこれを逆転します。これを、大会の決勝の一発勝負でできるのが、彼らの凄いところです。これが、世界のトップのレベルです。
 
台のセッティングはバリバリのトーナメント仕様です。傾きは強く、球は速く、Tiltは非常に厳しく、センターポストもアウトレーンのポストも抜いてあり、インレーンとアウトレーンの境界のポストのゴムも取ってあります。自分も打ちましたが、日本で打つ台よりも格段に難しいセッティングです。私もITOさんも、予選2日間のハイスコアで30億点台しか出せませんでした。
 
 
【スキルショットの簡単な解説】
一般的なスキルショット(中央のホールに入れると30M、それ以外のホールに入れると10M)は、得点の割にリスキーであるため、ほとんどあらゆる場面で狙いません
 
往々にして、スキルショット後のボールはランダムな軌道を描き、危険なポジション(時にはフリッパーの中央)にボールが来ますが、(ボールセイバーオフの設定でも)ボール射出からのスイッチの反応が一定数以下であれば、ボールを落としてもボールはプランジャーに戻ります。
 
そこでスキルショットは、ボールがフィールドに出るギリギリの強さで撃ち出し、ポップバンパーに触れさせずに直接フリッパーに落としてホールドします。ホールドするまでにスイッチに反応しなければ成功です。ホールドできなさそうな球がきたら落としてやり直します。この方法ならば、ボールを確実にホールドできます。
 
もし、ホールドした球を自在にコントロール腕を持っているとすれば、初球ならばゲートオープン、マルチボール開始時ならばジャックポット1つを確実に得ることができます。また、ランプレーンからプランジャー側にボールが落ちても、フリッパーからゲームを再開できるようになるため、ランプショットの安全性が格段に向上します。特筆すべきはCASINO RUN中のスキルショットで、ルーレットを1つ獲得できますので、時間切れのリスクを激減させることができます。

IFPA9 決勝 Round#1

私は予選18位、ITOさんは25位で通過して、いよいよ決勝ラウンドです。Frank BonaやRobert Gangoといった強豪が予選で敗退している中、よく日本人が2人とも決勝に進めたものです。

さて、私のRound#1の相手はFrank Romero (USA)。対戦機種と勝敗は次のとおりでした。

〇 Wizard
〇 Ali
X Attack From Mars
X The Load of the Rings
〇 Lazer War
X Ice Show
ここまで3-3でタイブレーク突入!
〇 Banzai Run
X Transformer LE
X Cyclone

結果、タイブレークの末、4-5で負けてしまいました。ラストのCycloneで3ボール目がノータッチで左アウトレーンに落ちたのが痛かった! 去年に続いての決勝Round#1でのタイブレーク4-5での敗戦、本当に悔しいです。

ITOさんも、Sean Grant (USA)にタイブレークの末、4-5で敗れました。これで、日本チームのIFPA9は終了しました。

決勝Round#1で負けてはしまいましたが、今回は予選で過去最高の順位でしたし(あと2ポイントでシードが取れた!)、全体を通してほぼ自分のプレイができました。

応援してくれた皆様、どうもありがとうございました!

IFPA9 Session#8

Session#8の対戦相手は次のとおりでした。

Frank Bona (FRA)
ヨウメイ (JPN)
Richard Rhodes (AUS)
Steaven Zahler (USA)

予選最後のSession#8は、カットラインの上から確実な予選突破とベスト16を狙う組。フランスのFrank Bonaと同組となりました。私は引き続き好調で15点(+3)を獲得して予選通過を確実としました。

Cyclone 1位(7点)
AC/DC Remium 2位(5点)
Wizerd 3位(3点)

Session#8 15点(+3)
合計 102点(+6)

ITOさんは、9点(-3)で耐えて合計98点(+2)としました。こちらも多分、予選通過できそうです。

IFPA9 Session#7

Session#7の対戦相手は次のとおりでした。

Lieven Engelbeen (BEL)
Steaven Bowden (USA)
ヨウメイ (JPN)
Trent Augenstein (USA)

本日最初のSession#7は、カットラインのやや下から予選突破を狙う組。昨日から引き続き東方原曲を聞きながら、ノリノリでプレイ。マシントラブルもありましたが、好調で17点(+5)を獲得しました。予選は残りSession#8のみです。

Iron Man 3位(3点)
Ali 1位(7点)
Ice Show 1位(7点)

Session#7 17点(+5)
合計 87点(+3)

ITOさんは、13点(+1)を獲得して合計89点(+5)としました。

IFPA9 Session#6

Session#6の対戦相手は次のとおりでした。

Robert Gango (CAN)
ITOさん (JPN)
ヨウメイ (JPN)
Peter Blakemore (UK)

本日最後のSessionであるSession#6は、なんとITOさんと同じ組となりました。Session#5からややテンションが上がらなかったので、精神的ドーピングとして東方原曲を聞きながらプレイw そのせい(?)か、1〜2ゲームは非常に好調になって圧勝。3ゲーム目のWhirlwindだけは、ルールの理解度不足とランダムフィーチャーの引きの悪さで最下位でしたが、合計で15点(+3)を獲得して明日のSession#7〜8に望みを繋ぎました。

Transformer LE 1位(7点)
Monaco 1位(7点)
Whirlwind 4位(1点)

Session#6 15点(+3)
合計 70点(-2)

ITOさんは、17点を獲得して合計76点(+4)と、非常に良いポジションで1日目を終えました。

Home > ピンボール > IFPA9 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card