Home > スポーツ Archive

スポーツ Archive

集中力

今日は、テニスの公式戦があった。チーム戦で、自分の担当はダブルス?とシングルス?。ダブルス?は、相棒が良かったので比較的簡単に勝利(8−4)。リバースサーブで相手に「こんなに見たことない!」と言わせる快感w
 
2−2で迎えたシングルス?の大将戦。結構プレッシャーがかかる。緊張しぃなので、序盤はプレッシャーから苦戦。なんとかしようと、サーブレシーブのときに集中力のあるときのイメージをしようと、『ピンボールのLotRで右オービットから抜けてくるボールをLive Trapする瞬間のイメージ』を思い描く(←オカシイ)。これが上手くいって(←かなりオカシイ)、逆転で8−5で勝利。チームも3−2で勝ってよかったw
 
最近、日常生活をピンボールに例えることが多くなっていて困る。いや、困らんけどw

千日手

野球における千日手の記録。
 
舞台はアメリカマイナーリーグ(1A)。ヤンキース傘下の「スタッテンアイランド・ヤンキース」対メッツ傘下の「ブルックリン・サイクロンズ」での出来事。7−2のヤンキースリードで迎えた9回裏、今月のドラフトでヤンキースに20巡目指名された世にも珍しいスイッチピッチャー、パット・ベンディット投手が登板した。2アウト1塁となって迎えたバッターはスイッチヒッターの指名打者ラルフ・エンリケ
 

 
えっwちょっwwwおまっwwwww
 
アメリカの大リーグでは「1打席中にピッチャーもバッターも左右をスイッチできるのは1度だけ」というルールらしいのだが、「ピッチャーとバッターのどちらが先に左右を決めるか」がルールになかったため、騒動となったとのこと。結局、このときは困った審判が「バッターが先に左右を決める」という臨時ルールを作り、ピッチャー有利な位置での対戦となった。結果はご覧のとおり。

Continue reading

リバースサーブ

今日は、テニスのはなし。ヨウメイさんは、テニス(硬式)をそれなりに長いことやっている。年数にすると・・・25年ぐらい。頻度はせいぜい月に1・2回程度。それでも、それだけ長年テニスをやっていると、ちょっと特殊な技を身につけたりする。それが、リバースサーブである。世間一般では、トリッキーなだけの使えないサーブと目されているw 曰く、威力がない。曰く、コントロールが効かない等。
 
リバースサーブって何? という人のために解説。ここでは、右利きの人を前提として話を進める。スピン系のサーブには、大きく分けて次の4種類がある。
・サーバーから見て左に切れて左に高く跳ね上がるのがスピンサーブ
・サーバーから見て左に切れて左に地面を這うように跳ねるのがスライスサーブ
・サーバーから見て左に切れて右に高く跳ね上がるのがツイストサーブ
・サーバーから見て右に切れて右に地面を這うように跳ねるのがリバースサーブ
普通、右利きの人はスピンサーブかスライスサーブを打つ人が多い。なぜなら打ちやすいから。ツイストサーブとリバースサーブは結構打ち難く、かなりマニアックである(テニプリの影響でツイストサーブを打ちたいという人が多くなった模様)。

Continue reading

Home > スポーツ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card