Home > サイト管理 Archive

サイト管理 Archive

WordPress MU 2.7.1 にUpdateしてみた

WordPress MU 2.6.2からWordPress MU 2.7.1にUpdateした備忘録。といっても、前回のUpdateと作業内容はほとんど同じだから、書くことがないw
 
ソースをダウンロードしてきて、展開して、全プラグインを無効にして、上書きアップロードして、日本語化して、wp-config.phpを更新して、プラグインを元に戻しておしまい。
 
ねっ、簡単でしょ?

WordPress MU 2.6.2 にUpdateしてみた

WordPress MU 1.5.1からWordPress MU 2.6.2にUpdateした備忘録。
 
【WordPress MUのUpdate】
(1) WordPressMUの公式サイトから、最新版のプログラムをダウンロード
※ 「WordPress MU 2.6.2」をダウンロードして展開
 
(2) WordPress MU 2.6.2をサーバーにアップロード
全てのプラグインを無効にしてから上書きアップロード(と同等の作業)をする。上手くいかなかったときに元に戻せるように、旧版のファイルはバックアップフォルダを作って保存しておくと良い。
 
(3) wp-config.php を更新
アップロード後、初めてアクセスすると、次のようなメッセージが表示されるので、指示に従って旧版のwp-config.phpを更新する。
 
Warning! WordPress encrypts user cookies, but you must add the following lines to
/home/yonyon/public_html/wp-config.php for it to work properly.
Please add the code before the line, /* That’s all, stop editing! Happy blogging. */
 
define( ‘LOGGED_IN_KEY’, ‘xxxxx’ );
define( ‘LOGGED_IN_SALT’, ‘xxxxx’ );
define( ‘AUTH_KEY’, ‘xxxxx’ );
define( ‘SECURE_AUTH_KEY’, ‘xxxxx’ );
define( ‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘xxxxx’ );

 
注) ↑ xxxxxは、各WordPress MUの固有の値です。
 
(4) WordPress 日本語版作成チームのサイトから日本語化リソースをダウンロード
※ 「WordPress MU 2.6.2 用日本語リソース」をダウンロードして展開
 
(5) 日本語化ファイルをサーバーにアップロード
/wp-content/languages/に日本語化ファイル(ja.mo)をアップロード
プラグインを有効にして、作業終了。
 
【Flashアップローダーの問題解決】
前からFlashアップローダーがうまく動かなかったので、がらくた屋さんの記述を見ながら以下のとおり対処したらあっさり解決。
 
.htaccess に、次の記述を追加。
<IfModule mod_security.c>
SecFilterEngine Off
SecFilterScanPOST Off
</IfModule>  
BadBehaviorと相性が悪いとかいう記述もどっかで見たけど、全然平気っぽい。これでアップロードが楽になるね。

Bad Behavior 2.0.24を日本語化してみた

Bad Behaviorがまた少しバージョンアップしていたので、勝手に日本語版も追随してバージョンアップしておく。いつものようにphpも変更しているので、本体と日本語化ファイルの同梱である。
 
【配布】
Bad Behavior 2.0.24(配布元:Bad Behavior

File Not Found

今回の大きな変更点は、http:BL(ブラックリスト)が導入されたこと。機能としてはこれと同じだと思われる。
 
【注意事項】
もし、翻訳がおかしい場合には、間違っている部分と正しい訳語を教えて下さい。このプラグインの使用で障害が出たとしても、当方は一切責任を取れません。また、勝手に改造して公開しているため、本家から苦情があった場合には即刻削除します。ご了承下さい。

WP-SlimStat-Exをver.2.000にUpdateして日本語化してみた

WP-SlimStat-Ex ver.2.1.2を日本語化してみた記録はこちら
 
Wp-SlimStat-Ex ver.1.606からWp-SlimStat-Ex ver.2.000にUpdateして、ついでに日本語化ファイルも更新してみた記録。
 
【インストール】
(1) WP-SlimStat-Exを作者のサイトからダウンロード
wp-slimstat-ex-plugin.zip
wp-slimstat-ex-pins.zip

 
(2) pluginファイルとpinsファイルをアップロード
wp-slimstat-ex-plugin.zipを展開して、wp-slimstat-exのフォルダごと/plugin/にアップロード。
wp-slimstat-ex-pins.zipを展開して、中身を/wp-slimstat-ex/pins/にアップロード。
 
今回は旧バージョンをリネームしてから、新バージョンをアップロードし、動作確認の後に旧バージョンを削除した。
 
 
【日本語化】
WP-SlimStat-Ex ver.1.606の日本語化は、以前に自力でやっていたが、ver.2.000で若干の変更があったようなので、日本語化ファイルも更新した。

 

File Not Found

旧版の日本語化ファイルはこちら
 
(3) 日本語化ファイルをにアップロード
slimstat-admin-ja.mo/wp-slimstat-ex/lang/にアップロード。
wp-slimstat-ex-ja.mo/wp-slimstat-ex/lang/にアップロード。
「ja」のところは、自分の環境に合わせて適宜変更すること(ja_UTFとか)。
 
 
【IPTCの設定】
ついでに、アクセス元の位置を取得するIPTCの設定。以前はcsvファイルをMysqlに取り込んでいたが、バイナリファイルを直接置いておけるようになった。何やら、こっちのほうが良いようなことが書いてあるので、こちらを採用。
 
(4) GeoIP.datをmaxmindからダウンロード
GeoIP.dat.gz
 
(5) GeoIP.datをアップロード
GeoIPl.dat/wp-slimstat-ex/lib/geoip/にアップロード。
 
【データベースの更新】
(6) データベースの更新(Updateのときのみ)
プラグインを有効にすると、「WP-SlimStat-Exを更新する必要があります」と言われるので、そこのリンクから更新作業をする。指示に従ってボタンを押していけば、簡単にできる。WordPress MUの場合には、各ブログで実施する必要がある。

Bad Behavior 2.0.20を日本語化してみた

メンテせずに放置していたらBad Behaviorがかなりバージョンアップしていたので、勝手に日本語版も追随させてみた。
 
【配布】
Bad Behavior 2.0.20(配布元:Homeland Stupidity
翻訳もかなりマシになったかと思われ。
Bad Behavior 2.0.24 日本語版 配布(2008.10.17)
 
【注意事項】
もし、翻訳がおかしい場合には、間違っている部分と正しい訳語を教えて下さい。このプラグインの使用で障害が出たとしても、当方は一切責任は取れません。また、勝手に改造して公開しているため、本家から苦情があった場合には即刻削除します。ご了承下さい。

Home > サイト管理 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card