Home > IFPA14 | ピンボール > IFPA14 決勝ラウンド

IFPA14 決勝ラウンド

 予選を辛うじて突破して、決勝ラウンド1回戦はEric Stoneとの対戦でした。最初に対戦台を3台づつ選びます。私が予選下位なので、私から選びます。私が選んだ台を確認してから選べるので、相手のほうが有利です。先に4ゲーム勝ったほうの勝利です。
 
【自分】
[OLD] Space Mission (Williams, 1976)
[MID] Taxi (Williams, 1988)
[NEW] Jack*Bot (Williams, 1995)
 
【相手】
[OLD] Gorgar (Williams, 1979)
[MID] Twilight Zone (Bally, 1993)
[NEW] Game of Thrones (Stern, 2015)
 
 最初の対戦台はSpace Mission。台を選ばなかった人が打順を選べます。Space Missionは本大会ではシングルプレーヤーなので、自分のスコアを見てから相手がプレイします。自分はイマイチなプレイで終わり、相手待ちとなりましたが、相手もイマイチなプレイで接戦。しかし、僅差で負けてしまいました。
 

 
 2台目はTwilight Zone。相手の先行でしたが、キックアウトホールからの戻りが危険で相手が2球ミスしたため相手のスコアが述びず、自分は3球目を打たずにコールド勝ちしました。これで1−1。
 
 3台目はJack*Bot。マルチボールはしましたが11億点ぐらいしか出ず、相手の3ボール目後攻で楽々と抜かれました。これで1−2。
 
 4台目はGame of Thrones。全然知らない台でしたが、相手が1ボール目でそこそこ参考になるプレイをしてくれたので、これを真似しつつ上回るプレイをして3球目を打たずにコールド勝ちしました。このときは絶好調で会心の勝利でした。これで2−2。
 
 5台目はTaxi。Game of Thronesに引き続き絶好調のままゲームを開始し、2ボールマルチで延々とお手玉しながらJackpotを重ねて大逃げ。落ちる気がしない長時間プレイで完勝しました。これで3−2。
 
 6台目はGorgar。この台は、PAPA動画でも同じみのレーンパスを延々と繰り返すゲームとなり、練度の差で完敗。これで3−3。自分もレーンパスでインレーンを踏むことはできるけど、相手は『どうやって打ったらオーバーランして落ちやすいか』等の特性を熟知していて勝負にならない感じでした。
 
 3−3になったのでタイブレークに突入。タイブレークも予選上位有利で、まずは相手が台を選べます。7台目はFunhouse。この台では相手が1球目の先行から爆発し、高得点を出されて逃げ切られました。これで3−4。
 


 後がなくなった8台目はCapt. Fantasticを選択。先攻で11万点ほど出したけど、後攻の相手のラストボールで上回られて敗北。3−5で負けてしまいました。Aを通ってダブルボーナスのはずなのに反応しなかったとかいろいろありましたが、まあそれは相手にもあったかもしれないので仕方なし。
 

 
 これで、大会参加レポートはおしまいです。今回は決勝ラウンド1回戦、タイブレイクで負けてしまいました。もう一つ勝ちたかった! 応援してくださった方々、ありがとうございました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2017/06/15/ifpa14-%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
IFPA14 決勝ラウンド from サイト管理者のよんよん日記

Home > IFPA14 | ピンボール > IFPA14 決勝ラウンド

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card