Home > PC作業環境 | 備忘録 > CNTLMの導入とトラブルシューティング

CNTLMの導入とトラブルシューティング

 職場のFirewallのNTML認証が、私に無断で(私に断わる謂れはないが)NTLMv2になったらしく、ntlmapsでFirewallを突破できなくなったので、NTLMv2認証が可能なCNTLMに乗り換えてみた備忘録。
 
(1) CNTLMのダウンロード・インストール
 Cntlm Authentication Proxyサイトからver.0.92.3をダウンロードして、setupを実行。
 
(2) cntlm.iniを編集
 ● 必ず編集する場所
  Username,Domain,Password の覧に然るべき事項
  Proxy に、NTLM認証を要求しているサーバーのアドレスとポート
 ● たぶん、とりあえずデフォルトでも動く場所
  NoProxy に、直接接続する接続先のアドレス
  Listen の覧に、CNTLMに接続するPCのアドレスとポート
 
(3) 認証したいソフトのProxy設定を編集
 Proxyはlocalhost、Portは上記のListenで指定したポート
 
(4) とりあえず動かしてみる
 スタート→コントロールパネル→管理ツール→サービス
 Cntlm Authentication Proxy で右クリック→開始
 ここまでで、たいていの人は問題なく動くはず。簡単でしょ?

(5) 問題発生!
 だいたいのソフトは動いたのだが、Lingoesのテキスト翻訳だけ、上手く動かない

(6) 動作状況の確認
 Cntlm Authentication Proxyのサービスを停止して、コマンドプロンプトから以下のコマンドで動作状況を確認。ちなみに、プロンプトを閉じるとcntlmも終了する。
 cd “C:\Program Files (x86)\Cntlm”
 → cntlm -c cntlm.ini -v
 LingoesでGoogle Translateさんにアクセスすると、503 – service unavailableとか言われている。Firefoxさんだと、同じアドレスでちゃんとした応答がある。LingoesさんのUser-AgentはMozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)で、IE6だしOS違うし、これが原因か?
 
(7) cntlm.iniを再編集
 両者の違いはUser-Agentぐらいしかないので、cntlm.iniに以下の記述を追加して再度実行。
 Header User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1)
 ちゃんと動いた! なぜだかは、しらない。
 
 トラブルシューティング部分は、Google先生に聞いても教えてくれなかったので、万が一苦労しているかもしれない誰かの為に書いておく。そんな使い方している人なんて、ほとんどいないと思うけど。

Comments:1

gloucester take away 18-10-27 (土) 8:53

This piece of writing will assist the internet viewers for setting up new blog
or even a blog from start to end.

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2014/06/27/cntlm%e3%81%ae%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%a8%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
CNTLMの導入とトラブルシューティング from サイト管理者のよんよん日記

Home > PC作業環境 | 備忘録 > CNTLMの導入とトラブルシューティング

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card