Home > ピンボール | 日記 > ピンボール博物館

ピンボール博物館

改装直前の犬山のピンボール博物館に遊びに行ってきた記録。
 
今回は、金曜日から可児のホテルに2泊して、3日間ピンボール博物館を満喫した。1日目から3日目の前半までピンボール。3日目の後半はバックヤード等の見学となった。
 
金曜日の04:25に自宅を出発してCRCLUM氏を05:00に、TOX氏を05:45に拾い、早朝割引時間帯の05:55に東名に乗って一路西へ。御殿場から新東名を経由し、小牧経由で09:55に犬山のピンボール博物館に到着。5時間以上走って開館5分前に到着とは、なかなか上出来。
 
ほぼ1年振りのピンボール博物館だったが、Indiana Jones: The Pinball Adventure (Williams, 1993)前回出したグラチャンスコアが、The Lord of the Rings (Stern, 2003)は、前々回に出したグラチャンスコアが残っていた。あんまりプレイする人がおらんのかもしれない。設置機種は、前回とは若干ラインナップが変更されていたので、今回は新入荷の台を中心にプレイした(プレイ記録は末尾)。
 
ピンボールの整備状態は、1年前の前回よりも全体に良くなっていた。特に台の左右の傾きについては劇的に改善されていて、おおむね問題なく快適にプレイできた。Tilt設定も前回よりもかなりバランスが良くなっていて、一部を除いて問題なくなっていた。1年間でこれだけ進化するって凄いね。
 
ピンボールを満足ゆくまでプレイしたあと、日曜日の午後は館長さんの案内でバックヤードと展示室を見学。いろいろと含蓄のあるお話を伺うことができた。最後に、館長さんとIndiana Jonesで4人対戦の一発勝負をして(みんなちょっとグダグラプレイだったけど)LUM氏が勝利。今回の遠征は終了となった。
 
復路は17:00にピンボール博物館を出発し、往路と同じ新東名経由でひた走り、22:00にTOX氏、22:40にLUM氏を落として、23:20ごろに帰宅。出発前にちょっと体調を崩して3日間とも体調がイマイチだったけど、それが気にならないくらい楽しい3日間でした。
 
最後に、館長さん、名古屋さん、たいれるさん、中村さんをはじめとして、お話しして下さった方々、一緒に遊んでくださった方々、どうもありがとうございました。また、2日目の土曜日はとても人が多くて、挨拶すべきなのにしていなかった方がいたらごめんなさい。改装後には、またピンボール博物館を訪ねたいと思います。次回は春以降かなあ。そのときに縁があったら、また遊んで下さいませ
 
 
以下、私とLUM氏のピンボール記録(抜粋)。
 
● Doctor Who (Bally, 1992)
Doctor Whoは、以前どこかで見たような気がするけど、本格的にプレイするのは初めての台。少し練習したところで、サイドランプをぐるぐる回してマルチボールをする作業ゲーだということに気付いた。これは好きなタイプの作業ゲーだw 帰ってきてから調べてみたら、もうちょっと奥が深いゲームなのかもしれない。マルチボールは最高点1.2Bのジャックポットがあるっぽいし、ドクターの収集も全然してないよ。それでも、作業ゲー的にプレイしてグラチャンを確保。次回行ったときにまた遊ぼう。
 

 
● Theatre of Magic (Bally, 1995)
Theatre of Magicの実機を触るのは16年振りぐらい。2日目まで修理中でプレイできないかと思ったけど、館長さんの努力により3日目に復帰。短い時間だったけど、久々にプレイできてよかった。LUM氏はグランドフィナーレまできちんと1周して、グラチャン獲得。私よりもルール理解度が断然上であった。
 

 
● Tales of the Arabian Nights (Williams, 1996)
Tales of the Arabian Nightsは、IFPA7のときに触って以来。期待していたのだが、Extra Ballを獲得すると同時に電源が落ちる現象が発生。3日目に修理してもらって復帰したが、こんどは右ループが反応せず、Extra Ballその他もろもろが獲得できない状態に。壊れている台を工夫してプレイするのもピンボールの楽しみのひとつということで、LUM氏がプレイしてグラチャン獲得。ひたすらランプを回しまくったのが効いて、エンドオブボールボーナスだけで計25M以上入っていた。まあ、スコアは参考記録ということで。
 

 
● White Water (Williams, 1993)
White Waterは、最近プレイする機会が増えた台。何をしてもTiltがかからないのをよいことに、適当にプレイしていたら1周してグラチャンになった。自重せずに揺らせばもっといったはずw これもまあ、参考記録ということで。ちなみに、この台をプレイしたあと、プレイが大味になって他の台でTiltしまくったという。揺らし過ぎるとピンボールが下手になるので注意しましょう。
 

 
● Terminator 2: Judgment Day (Williams, 1991)
Terminator 2は私の一位二位を争う不得意台。このゲーム、ランチャーが当たらなくて勝負にならない。LUM氏はこの台が結構得意で、あっさりとグラチャン獲っていた。この差はなんだ? Terminator 2のランチャーって横に付いてて狙いにくいと思うんだけど、どうだろう?
 

 
● Star Trek: The Next Generation (Williams,1993)
Star Trek: The Next Generationは、モードの価値とマルチボールのバランスが良い台。得点とExtra Ballの狙いもバラけていて戦略性があり、音楽もワクワク感のある名作・・・だと思うんだけど、どうにも苦手。ランチャーは、Terminator 2よりなんぼか狙いやすいんだけど、やっぱり苦手。私は、一生懸命やってデフォルトのグラチャンをちょっと越えるぐらいのスコアしか出なかった。この台もLUM氏がしっかりマルチボール+モード1周で稼いでグラチャンを確保。この台は面白いので、次回はがんばろうと思う。
 

 
● F-14 Tomcat (Willams, 1987)
F-14 Tomcatは得意台。設定が易しいのでカンストを目指してプレイを始めるが、案外難しいことが判明。反時計回りのミニループから帰ってくるボールの軌道が不安定で、ときどき左プリッパーの根本に落ちてくるので、倍率が稼ぎにくい。Killはボール間で累積してExtra Ballを獲りやすいので、Extra Ballを繋ぎながら辛抱強くプレイすることにする。LUM氏とどちらが先にカンストするか競争になったが、3日目の午前中に私が先にカンスト達成。LUM氏も8M以上のスコアを出していたので、僅差の勝負であった。
 

 
● Apollo 13 (Sega, 1995)
Apollo 13は、比較的よく見る台。スルーしてたら、LUM氏がプレイしてカンストした。LUM氏はルール理解度と戦略立案能力が高いので、台との相性が合えば非常に強い。
 

 
LUM氏との勝負(?)は3勝5敗。今回は好調のLUM氏に善戦はしたものの、結局勝てず。LUM氏との直接対決って、昔からほとんど負けているんだよなあ。それでも前回からのキャリーオーバーの2台を入れて5対5の引き分けだと言ってみる。負け惜しみだけど。

Comments:6

たいれる 12-09-04 (火) 6:35

遠征お疲れ様でした&お手合わせありがとうございました。みなさん
”目が良い”と言うか、見切りが凄いですね。無駄に打たない、というかデッド系のパスの的確さに驚きました。

参考になりました。又機会がありましたら宜しくお願いします。

CRCLUM 12-09-04 (火) 20:29

本文中のCRCLUMです。

私からも皆さんに御礼を。
博物館の方々&プレイヤーの皆さんのお蔭で、
とても楽しい3日間でした。
ありがとうございます。また是非。

補足。
Theatre of Magicはグランドフィナーレ中に落として終了。
Apollo 13はカンストなので点数分からん。
F-14 Tomcatはカウンターループなので分かる。
CDSのは10.5M位でしたな。

今回のメイン機種であろうTomcatで負けてるからなあ。
どちらかというとこちらの負けの気分なのだが。
再戦のためにもまた連れていきやがれ、と思った。

12-09-05 (水) 1:22

遠征お疲れ様でした。
土曜日に行ったのですが、人が多くてどなたか分からなかったという・・・

すばらしい点数の数々に驚きました。
ピンボールでもカンストってするもんなんですね。

次回遠征時には、挨拶できるといいなぁ

ヨウメイ 12-09-05 (水) 20:42

> たいれる様
先日はありがとうございました。
Twilight Zoneの対戦では負けてしまいました(汗)
 
私はフリッパーで止めるプレイスタイルなので、トラップ重視です。フリッパーまわりでバタバタしつつ、何故か落とさないのが得意です。そのかわり、コントロールが悪いのです。
 
あんまり良い見本ができませんでしたが、ライブトラップはフリッパーをボールが来るより僅かに早目の上げるイメージです。『フリッパー上げホールド』で受けたのと同じ状態になったら早過ぎ、ボールを打ってしまったら遅過ぎです。
 
また機会がありましたら、一緒に遊んで下さい。
どうもありがとうございました。

ヨウメイ 12-09-05 (水) 20:43

> CRCLUM氏
おつかれ。今回は、キミが上手いことを再確認したツアーであった。Tomcatは意地でなんとか。再戦は、また来年ということで、よろしく。

ヨウメイ 12-09-05 (水) 20:44

> 麗さま
土曜日は本当に人が多かったですね。私も顔を知っている人以外は誰が誰やら・・・。今回はお会いできずに残念でしたが、またの機会には遊んで下さい。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2012/09/03/%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8-2/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ピンボール博物館 from サイト管理者のよんよん日記

Home > ピンボール | 日記 > ピンボール博物館

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card