Home > IFPA8 | ピンボール > IFPA8を振り返る(Session#3)

IFPA8を振り返る(Session#3)

大会1日目、昼食を挟んでSession#3へ。Session#3からは、対戦相手の範囲が上位32人と下位32人に別れる。現在38位なので、対戦相手の抽選的には良いポジション。Session#3の対戦相手と機種は次のような組合せとなった。
 
● Session#3 組合せ (カッコ内は世界ランクと国籍)
38位(22点) ヨウメイ (101st,JPN)
43位(22点) Olli-Mikko Ojamies (109th,FIN)
54位(18点) ITOさん (44th,JPN)
59位(16点) Tobias Lund (86th,SWE)
 
  
 
● Session#3 機種
[MID] Circus (Gottlieb, 1980)
[NEW] Batman (Stern, 2008)
[OLD] Rolling Stones (Bally, 1980)
 
個人的には、この大会唯一の日本人との同組となった。Session前にはITOさんと「あいつらギャフンと言わせてやろう」と言っていたのだが・・・
 
Circusは、なかなか面白い台。打順が4番だったので、ITOさんのプレイを参考に打つ。3球目あでドロップターゲットの倍率が重要だということに気付き、なんとか2位確保(5点)。ITOさんは気付いたときには遅く。知らない台だと打順の差って大きい
 

 
Batmanは、打順3番。知っている台なのに中途半端なプレイでマルチボールができずに終わる。あとから考えれば、Jokerマルチボールが非常に獲りやすい設定になっていた(1回でLock点灯)ので、初めからここを攻めれば楽勝だった。結果、最下位で1点
 

 
Rolling Stonesは、打順4番。3球目の最後に1つのドロップターゲットを(2回打って)落とせず悔しい3位(3点)
 
1P:357,520 2P:138,740 3P:23,530 4P:103,270 (画像なし)
 
● Session#3 結果
9点(31点) ヨウメイ (101st,JPN)
17点(39点) Olli-Mikko Ojamies (109th,FIN)
5点(23点) ITOさん (44th,JPN)
17点(33点) Tobias Lund (86th,SWE)
 
結果、ITOさんと一緒にギャフンと言わされたのは我々のほうでした、というオチ。これで勝ち点31で45位に沈む。平均点からの借金は5点。このへんから食い付いていかないと、後半戦が苦しい。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2011/06/04/ifpa8%e3%82%92%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8bsession3/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
IFPA8を振り返る(Session#3) from サイト管理者のよんよん日記

Home > IFPA8 | ピンボール > IFPA8を振り返る(Session#3)

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card