Home > Archives > 2011-05-24

2011-05-24

プレイケストーレン(その2)

北欧旅行記(その4)。プレイケストーレンの2回目。今回は写真を中心で。
 
登山口からプレイケストーレンまでは、約2時間の道のり。普通に歩くと、頂上での滞在も含めてだいたい5時間ぐらいで往復できる。登山ルートは「ピクニック」と言うよりも「ハイキング」といった感じ。運動靴は必須。きちんと防寒、飲食、雨対策をして行ったほうが良い。逆に、きちんと準備さえしていれば、そんなに体力なくても登れると思う (筋肉痛は覚悟で)。
 
道中は、平坦な場所もあれば岩登りをしなければならない場所もあり、変化に富んでいる。道を見失いそうな場所もたくさんあるが、登山ルートには赤いペンキで随所に「T」のマークが描かれているので、それを探しながら登れば迷うことはない。
 
 
 
 
1時間半ほど登ると、対岸に湖とそこから流れる渓谷の全貌が見える。美しい。さらに進むとリーセフィヨルドが見えてくる。
 
 
 
もうひと踏ん張り登って、ついにプレイケストーレンに到着! 高い! そして、風が強い! 強風で小石が飛んできて痛かったので、たぶん風速25m/sぐらいあったと思う。この状況で崖の端に近付くのはかなり怖いw 途中まではがんばって歩いたけど、途中からは這って崖の端まで行きました
 
 
 
そして、崖の端から写真をパシャリ。600m下に、フィヨルドの水面が見えます。こわっ! 先端から首を出して覗き込んだら、強風でメガネが吹き飛ばされそうになりましたw
 

 
崖の手前には、少し高台に登る道もあって、少しだけ登って写真を1枚。壮観ですね。このあと、岩陰の風のないところで休憩&昼食をして帰路へ。
 

 
下りでは途中で(天気予報どおり)雨が降ってきて、雨合羽を着て下山しました。雨合羽必須。持ってきてよかったー! 山頂で晴れて、ほんとによかった! 雨が降ると岩場が滑りやすく、ちょっと苦労しました。途中で沢を歩く場所もあるので、大雨だと相当危険になると思います。行く方はご注意を。
 
下山後はロッジで休憩したりお土産物を物色したりしながら1時間ほどバスを待ち、16:45のバスとフェリーを乗り継いでスタヴァンゲルへ。この頃にはもう膝がガクガクでした。
 
夕食は、Sjøhuset Skagenという魚料理中心のお店へ。北欧のレストランのDinnerはどこも値段が高い! ↓これとビールとラテで450NOK(約7,000円)とかっ! めっちゃ旨かったけどっ!
 
 
 
食事のときに、隣の席にいたアメリカ人の老夫婦と仲良くなった。すげーお金持ちそうなひとたちw アメリカや日本で「ティンバーフレーム」を売っているらしい。いやね、こっちが片言の英語だから、向こうも親切にゆっくりわかりやすく説明してくれたんだけどさ、tinberframeなんて単語知らねーよw あとでGoogle先生に教えてもらいました。老夫婦とは最後に折り紙の鶴と亀をプレゼントしてお別れ。彼らは「オリガミ」という単語を知っていました。偉大なり日本文化w
 
この日はこれでホテルに戻ってベットに倒れ込んで終了。次は、スタヴァンゲル市内探索、そしてベルゲン行きです。

プレイケストーレン (その1)

北欧旅行記(その3)。今回は写真が多いので2回に分けます。
 
今回の旅行の目玉のプレイケストーレン登山は、22日か23日の天気の良い方の日にしようと計画していたので、前日の夜に天気予報サイト明日・明後日ぐらいまでは良く当たる)を見て、比較的天気が良さそうな22日に決行することにした。
 
朝はホテルでビュッフェスタイルの朝食。美味しいし(英語を使う必要がないので)気楽で、いい感じです。食堂では、日本人の女性と遭遇。一人旅で、昨日プレーケストーレンに登ってきたらしい。
 
朝9時前にホテルを出発。日曜の朝の街は人通りが少ない。街並みはきれい。マンホールも洒落てる
 
 
 
徒歩10分ほどの場所にあるフェリーターミナルへ行って、右手のゲートからTideという会社のタウ行きのフェリーに乗る。
 

船内には売店があり、ここで食事することもできる。チケットは、船内を回ってくる係員から現金で買うか、船内のチケットオフィスでクレジットカードで買うことができる。係員が船内を回っている間はオフィスに人がいないので、気長に待つ。というか、待ったw 料金はプレーケストーレンンロッジ行きのバスも含めて、往復で200NOK。北欧にあっては、なかなかリーズナブルなお値段です。
 
 
 
タウの港に着くと、目の前にTideのバスが待っているので、チケットを見せて乗る。バスに揺られること30分ほどで登山口のプレーケストーレンロッジに到着。
 
 
 
これから、こんな山を登ります(つづく)。

Home > Archives > 2011-05-24

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card