Home > Archives > 2010-04

2010-04

Jack*Bot (Williams, 1995) プレイ動画

ピンボールプレイ動画、解説付きの8本目。
 
今回は中野のBeerCafe ZINCに設置されているJack*Bot (Williams, 1995)です。平凡なグラチャンスコアと、ちょっとすごいCASINO RUN CHAMPをエントリーしてきました。

この店には1年振りに行ったのですが、機種がFish TalesからJack*Botに変わっていました。長い動画だと、後半の解説がだんだんいい加減になってゆくのがわかりますw
 
20100428_01 20100428_02
 
【今回のスコア】
Jack*Bot : 8,223,158,830点
Jack*Bot CASINO RUN CHAMP : 2,042,000,000点

Centigrade37 (Gottlieb, 1977) プレイ動画

ピンボールプレイ動画、解説付きの7本目。
 
今回は西荻窪のZOOLSに設置されているCentigrade37 (Gottlieb, 1977)です。面白い台だけど、近日中に機種交換予定なので、プレイしたい方はお早目に。

ちなみに、マスターの息子さんは右アウトレーンを80%の確率で救うらしい。
この台のグラチャンもマスターの息子さんが持っている。恐るべし

ピンボール設置店舗情報(2010.04)

仕事に明け暮れていた年度末を過ぎ、4月に入って猿のようにピンボール設置店を巡っていたが、ようやく一区切りついたので各店の状況をまとめてみた。4月に確認した店は20店舗、台数は38台(うち状態の良い台は15店舗29台)
 
 
【千葉】
スポーツウェーブ鉄腕24 オートウェーブ浜野店(浜野)
− The Flintstones (Bally, 1994)
− Shaq Attaq (Gottlieb, 1995)
− Revenge from Mars (Bally, 1999)

 全台非稼動という悲しい状況。

スポーツウェーブ鉄腕24 オートウェーブ稲毛長沼店(稲毛長沼)

△ The Lord of the Rings (Stern, 2003)
 Destoy the Ringで勝てない現象。ここもかよ。
◯ The Sopranos (Stern, 2005)
 Tiltがかからない以外は非常に良好な状態。
 
ゲームセンター DEEP(大久保)
◯ Banzai Run (Williams, 1988)
 面白い。たまに、バックグラス中段のVUKが反応しない。
 ボールサーチを待てば出てくる。
◎ Fish Tales (Williams, 1992)
 整備は良い。ゲームバランスの悪さが珠に傷。
◯ Bram Stoker’s Dracula (Williams, 1993)
 傾斜が緩い。初心者向けにそういう設定にしているらしい。
◎ Attack from Mars (Bally, 1995)
 整備が完璧過ぎて球足が速く制御しにくい。面白いんだけどね。
◎ Jack*Bot (Williams, 1995)
 整備状態は良好。左奥のホールでたまにボールが弾かれる。
 他の台ではこういう現象は見たことがないんだけどなー。
 
 
【東京都区内】
タイトーイン神田(神田)

◯ The Addams Family (Bally, 1992)
 右奥の手にボールがくっつかない。悲しい。
◎ Lethal Weapon 3 (Data East, 1992)
 整備されて、状態が良くなっていた。
△ Indiana Jones : The Pinball Adventure (Williams, 1993)
 Path of Adventureが動かない。
− Jurassic Park (Data East, 1993)
 非稼動状態であった。
 
Vorpal Bunny(大森)
◎ Capt. Fantastic (Bally, 1976)
 相変わらず元気過ぎて球足が速い。
◎ Jacks to Open (Gottlieb, 1984)
 こちらは対照的にボールがゆっくり。
◎ Guns ‘N Roses (Data East, 1994)
 特に設定が甘いとも思わないが、スコアが出やすい。
 
Bar 7O(蒲田)
◯ World Cup Soccer (Bally, 1994)
 基本的な状態は良好なのだが、突然電源が切れる現象が稀に発生する。
 
BeerCafe ZINC(中野)
◎ Jack*Bot (Williams, 1995)
 ボールがとても跳ねてボールコントロールが難しい。
 ゴムとかが元気で、整備状態が良いってことだと思う。
 
ZOOLS(西荻窪)
◎ Centigrade37 (Gottlieb, 1977)
 近日中に別機種に入れ換えられる予定。
 
Garret(下高井戸)
◎ Bram Stoker’s Dracula (Williams, 1993)
 現在稼働中のこの機種の中では最も状態が良い。
 
atelier(下北沢)
◎ Star Wars (Data East, 1992)
 お店がカオスな空間なので、真剣に打つには微妙。
 学生的なノリを楽しむお店。
 
Aサインバー(下北沢)
◎ TEAM ONE (Gottlieb, 1977)
 非常に面白い台。お金を注ぎ込みたくなる台でもある。
 
 
【東京都西部】
BANANA Bar(吉祥寺)

◯ Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends (Data East, 1993)
 整備状態は良好だが、置いている場所と照明の位置が厳しい。
 センターホールの出口付近でボールがスタックすることがある。
 
VINTAGE1(三鷹)
◎ Earthshaker (Williams, 1989)
 WilliamsなのにレイアウトがGottliebちっく。
◎ Hook (Data East, 1992)
 ゲームはアレだが、Brain Schmidtのサウンドは最高。
◎ Congo (Williams, 1995)
 整備状態は良好。台も面白い。
 Tiltしないと復旧不能なボールスタックが生じることがある。
 
ネバーランド(豊田)
◎ Jungle Princess (Gottlieb, 1977)
 ちょっと変わったレイアウトの台。4月中に入れ換え予定。
◎ F-14 Tomcat (Williams, 1987)
 Steve Ritchieの名作。初心者泣かせだが、本当に面白い。
◎ The Getaway : High Speed II (Williams, 1992)
 こちらもSteve Ritchie作。それなりに面白い。
◎ Pirates of the Caribbean (Stern, 2006)
 作業ゲーだが、個人的には大好き。
◎ Spider-Man (Stern, 2007)
 ルールが複雑だが、覚えれば面白いと思う。
 
 
【神奈川】
BigmamaCAFE(北山田)

△ Indiana Jones : The Pinball Adventure (Williams, 1993)
 Path of Adventureが動いたり動かなかったり。
 あと、左ホールへの打球の弾かれかたがひどい。
▲ Demolition Man (Williams, 1994)
 クレーンが動かない設定。代替の右ランプも反応が悪い。
 
American Graffiti(横浜)
◯ The Flintstones (Williams, 1994)
 ボールがスタックしやすい以外は良好な状態。
◯ Apollo 13 (Sega, 1995)
 ときどきマルチボールのボールカウントミスが発生する。
 
HIT PARADE(日本大通り)
× Batman Forever (Sega, 1995)
 ディスプレーが故障中で表示されない。残念。
 
Bar an=swer(日本大通り)
 改装中。改装後にピンボールが設置されるかは不明。
 
Green Peace(本牧)
◎ Tales from the Crypt (Data East, 1993)
 非常に良好な状態。面白い。Tiltはかからない。
 
Junk Yard(本牧)
 未だにオーバーホールから復帰しない。はやくー。
 
 
【今後のピンボール設置店レポート予定】
・ Aサインバー(下北沢)
・ 鉄腕2店舗(千葉)
・ DEEP(大久保)
 
【今後のピンボールプレイ動画投稿予定】
・ ZOOLSのCentigrade37(投稿許諾済み、近日投稿)
・ ZINCのJack*Bot (所有者の許可が下りれば投稿)
・ DEEPのBanzai Run (要望あり、所有者の許可が下りれば投稿)
 
【今後のピンボールプレイ動画撮影予定】
・ DEEPのAttack from Mars (要望あり、所有者の許可が下りれば投稿)
・ ネバーランドのPirates of the Carribean (得意台だから)
・ Green PeaceのTales from the Crypt (一回撮影したけど間違えて消した)
 
 
これから1ヶ月は世界大会のための練習をメインにする予定。

World Cup Soccer (Bally, 1994) プレイ動画

ピンボールプレイ動画、解説付きの6本目。
相変わらず需要はないけど、自己満足的にうp継続中。
今回はBar 7O(ナオ)のWorld Cup Soccer (Bally, 1994)です。
 
今回はなんと一発撮り。最近、カメラがあってもなくてもスコアが変わらなくなってきたような気がする。

World Cup Finalは狙ったけど、マルチボールでVictory Lapまで行っていたのにはプレー後に動画を見て初めて気付いたw

ピンボールの世界選手権(IFPA7)に出場します

2010年5月21日〜23日にかけて、アメリカのミネソタ州で開催されるピンボールの世界選手権、IFPA7に出場することになりました
 
IFPA7というのは、IFPA(International Flipper Pinball Association)が主催するピンボールの7回目の世界大会で、公式サイトでは以下のように解説されています。
 
Featuring 64 of the world’s greatest players from over a dozen countries, the IFPA World Pinball Championship is the most prestigious event in competitive pinball.
(訳:IFPA World Pinball Championshipは、世界12以上の国から64人の世界最高のプレーヤーが参加する、最も権威のあるピンボール大会です)。
 
出場権はピンボールの世界ランキング(2009年終了時点)により、各国の代表枠2名と世界ランキング上位者に振られます。自分は、出場権の当落線上で微妙だったのですが、ギリギリで出場権を獲得しました(世界ランキングではカットラインに僅かに届かず、国代表枠の2枠目に滑り込みました)。
 
大会は、参加者64名全員で行う予選と、予選上位32名で戦う決勝トーナメント2部構成となっています。予選は4人対戦で、同じメンバーで古い台(EM:エレメカ)と中期の台(SS:ソリッドステート)と新しい台(DMD:ドットマトリクスディスプレー)の3ゲームをして、各ゲームそれぞれ1位7点、2位5点、3位3点、4位1点の得点が与えられます。この3ゲームを1セッションとして、メンバーを入れ換えて8セッションを行い(合計24ゲーム)、合計点で予選の順位を決定します。
 
予選の理論上の最高得点は7×24=168点、最低得点は1×24=24点、平均点は4×24=96点です。予選通過ラインは94点〜98点となる見込みで、96点で五分五分、98点だと8割方予選通過、100点あればほぼ確実といったところだと思われます。
 
決勝トーナメントは4ゲーム先取方式で1対1の直接対決で、1回戦は予選17〜24位と25位〜32位の対戦、2回戦は1回戦の勝者と予選9位〜16位の対戦、3回戦は2回戦の勝者と予選1位〜8位との対戦となります。予選順位上位者はとても有利です。
 
当面の目標は、大会当日まで病気や怪我をせずに、無事に現地にたどりついて大会に参加することです。特に大会会場はミネアポリスからさらに100kmほどの場所にある田舎町なので、ほとんど現地に着くまでが1次予選ですw
 
大会での目標は、上位32名で構成される決勝トーナメントに進出することです。が、これがなかなか難しいようです。時差ボケとか、プレーしたことがない台が大量にあるとか、日本語が通じないとか、そういうAway Gameの壁を乗り越えて決勝トーナメントまで残れたら最高だと思います。
 
IFPA7の前に、5月19日にミネアポリスで開催されるBlainbrook Bowl Tournamentにも参加できそうなので、そこで大会の雰囲気と現地でのTiltの設定の感触を掴めたらいいなぁ。

Home > Archives > 2010-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card