Home > ピンボール | 日記 > トップレーンアタック

トップレーンアタック

最近、Pirates of the Caribbeanが面白いので、なんとか仕事を終わらせてネバーランドに遊びに行った。今回は、いろんな作戦を立てて試してみた。
 
まずは、超保守的(安全策ばっかり)な作戦でトライしてみるも、ただでさえ長いプレー時間が更に長くなってだるいとか、せっかくPARLAYを点灯させても速攻で消費して萎えるとかでイマイチ。やっぱりピンボールは保守的なばっかりじゃダメだね。
 
次に、オーソドックスなBroad Side作戦。左からはChest狙い、右からはBroad Side狙いで。この作戦はそこそこいける。サクサク船を進めて、Davy Jonesのマルチボールを利用しながら他のフィーチャーを獲得してゆく。ただ、やっぱりPort RoyalとMax Jackpot Valueの獲得があとまわしになるのはもったいない感じ。
 
最後は本命、Port RoyalとMax Jackpot Value優先で稼げるだけ稼いでから、あとはBroad Side作戦。下手を打つと非常にロースコアで終わることもあるが、基本的にはこちらの作戦のほうがアベレージが高く、最後まで行きやすい感じがした。やっぱり基本はこの作戦だろうなぁ。
 
今回、2億点強の点数は連発したが、そこから上の点数が伸びなかった。どうやら、2億点あたりにひとつの壁があるようだ。ちなみに、この壁の名前はDavy Jonesという。たぶん。結局、何ひとつスコアを更新できずに終了。別に調子が悪いってことはなく、アベレージは高いんだけど一発が無い。Davy Jonesを倒せば道が開けるか。自己ベストはFour Winds Multiballまで行ったスコアだもんなぁ。
 
【今回のひとくちメモ】
トップレーンアタックのコツ。
Vertical Up KickerからBroad Sideへのコースは次のとおり。
VUK→右壁(加速)→左壁(調整)→中央ポスト
→左壁(加速)→トップレーンの左側仕切り(調整)→Broad Side

前半は、中央ポストの上に乗ってちょうど止まるぐらいのイメージで加速。
加速し過ぎるとPARLAYに、加速しきらないとRum Rampになってしまう。
後半は、トップレーンの左側仕切りの右側に当てるイメージで加速。
加速しきれないとRum Rampに、加速し過ぎるとWalk The Plankになる。
 
もう少し滑りが悪ければ、右側完結コースもありそう。
VUK→右壁(減速)→中央ポスト→Broad Side
これも挑戦したけど、減速しすぎてPARLAYになりがち。
 
もう少し滑りが良ければ、1往復して入りそう。
VUK→右壁(加速)→左壁(加速)→Broad Side
一番簡単そうだけど、今の台の状態じゃあ不可能。
 
今日は、トップレーンアタックのしすぎで、筋肉痛ですw

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2010/02/01/%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%af/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
トップレーンアタック from サイト管理者のよんよん日記

Home > ピンボール | 日記 > トップレーンアタック

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card