Home > Archives > 2009-10

2009-10

パンデミック 初級

終電がなくなったLUM氏を50kmぐらいタクシーして自宅まで送ったら、パンデミックというボードゲームを買ってくれた。お礼1/2、プレゼント1/4、布教1/4といったところか。ありがとー
 
20091030_01
 
ゲームは、世界各地で4種類の危険な伝染病が発生。プレイヤーは、CDC(米国疾病予防管理センター)の対策チームの一員となって、伝染病の封じ込めとワクチンの開発に東奔西走するといった内容(一部脚色)。
 
敵は伝染病(ゲームシステム)で、プレイヤーはそれぞれ役割(急派担当官、作戦エキスパート、衛生兵、科学者、研究者)が与えられ、各自の特殊能力を生かして一致協力して伝染病に立ち向かってゆく。勝敗は、制限時間内に全種類のワクチンを完成させれば全員が勝ち。それまでにアウトブレイクが8回発生するか、時間切れ(カード切れ)になったら全員が負けである。
 
ゲームの特徴は、難易度調整が簡単なこと、2〜4人でプレー可能であり1人2役〜4役のソリティアも可能であること。ルール自体は単純で覚えやすいこと。
 
20091030_02
 
とりあえず、ルールを覚えがてら初級2人プレーのソリティアをやってみた。3回アウトブレイクが発生したけど、それなりに余裕を持ってクリア。これならゲーム慣れしていない人と一緒に遊んでも大丈夫かな。
 
難易度を上げると鬼難しくなるらしいので、とりあえず次は中級で遊んでみる予定

’09 第5回大会

土曜日に豊田のネバーランドのピンボール大会に参加してきた記録。恒例のネバーランドの大会。去年の第6回大会から参加し始めて、これでちょうど1周です。
 
今回は午前中にテニスの対外試合があったので、いつもよりちょっと遅目にネバーランドに到着。月間ランキングを確認すると、全ての台で月初に出した記録を塗り替えられて2位になっていた。それぞれの台で別々の人に・・・。レベル高いなぁ、おい。
 
1次予選は、Getawayで最下位だったが、Spider-Manで3億点越えで1位となり、総合で4位を確保。2次予選でHigh Speedのオーナーの権利を得た。
 
2次予選のスコアも上々で、久々にベスト4に進出。得意台を確保したのが大きかった。
 
準決勝はSKY氏とF-14 TOMCATでの勝負であったが、ここではあまりスコアを出せずに敗北結局3位でした。これでSKY氏の大会の年間王者は確定かな。
 
でも、個人的には2月の大会以来、久々に入賞して賞品をもらったぞっ! 次回もがんばろう。

Tales from the Crypt

本牧の小港町にあるバー、Green Peaceにピンボールをしに行った記録。
 
先週の土曜日に通りがかりにGreen Peaceに寄ってみたら、Star Wars (Data East, 1992)が撤去されてTales from the Crypt (Data East, 1993)が設置されていた。
 
20091024_01
 
整備状態は良好。この機種の弱点である右奥のホールも問題なくボールが流れる。そのかわりに右上のサイドフリッパーに違和感があり、なんとなく打球が弱いような気がする。また、右フリッパーがごく稀に上がらないことがある。Tiltはかからない。できれば適切なTilt設定をしてほしい。
 
スコア争いをするようなロケーションでTiltがかからないと、腕力有利で非常につまらなく感じる。ここみたいな、一人で淡々とWizard Modeを目指すような台とロケーションの場合には、Tilt自主規制でも我慢するかなぁ。
 
恒例のスコアアタック。12個目のミニゲームと3回目のマルチボールが点灯している状態でラストボールを失う。あとちょっとでWizard Mode(Crypt Jam)まで行ったのに。くやしー。この店は車だと案外行き易い場所にあるので、また行く。Wizard Modeを目指して。
 
20091024_02
 
【今回のスコア】
Tales from the Crypt : 778,536,150点

 
本牧のJunk Yardにも寄ったが、こちらはまだピンボールがオーバーホール中であった。早く復活しないかなぁ。

atelier

ピンボール探訪記。先週の木曜日の仕事帰りに下北沢のバーatelierにピンボールをしに行ってきた記録。
 
atelierは、下北沢駅の西口から徒歩3分ほどの場所にある、9月にオープンしたばかりのカフェバーである。
ここには、Indiana Jones : The Pinball Adventure (Williams, 1993)が設置されていた。
 
20091022_01
 
整備状態はおおむね良好。1回だけ、Path of Adventureを通したときにボールがスルーされた。Tiltの設定も絶妙で非常に良い。台の特性としては、BigmamaCAFEにある台と比べて左ホールを狙ったボールが弾かれることが少なく、その代わりに右ランプが若干通りにくい感じ。ゲーム性的にはこっちの台の設定のほうが好きだな。
 
恒例のスコアアタック。酔っ払っていたので集中力に欠けたが、なんとかグラチャンを獲得。この台ならちょっと練習すれば12個のモードを完成させてWizard Modeに行けそうな気がするが、残念ながら近日中の撤去が決まっているそうである。後継機はStar Wars (Data East, 1992)を予定しているとのこと(もうかわっているかも)。
 
20091022_02
 
【今回のスコア】
Indiana Jones : 611,615,730点

 
このお店はピンボールを置いているバーとしては珍しく、客層が学生中心でなかなか賑っていた。マスターがピンボール好きでもう1台設置したいと言っていたので、ここから若手のピンボーラーが増えてゆくことに期待。

Aサインバー

ピンボール探訪記。木曜日の仕事帰りに下北沢のAサインバーにピンボールをしに行った記録。
 
Aサインバーは、下北沢駅南口から徒歩5分ほどの場所にあるバーである。ここには、TEAM ONE (Gottlieb, 1977)が設置されたいた。実はこの店には4ヶ月前にも来ていて、そのときには故障中だったのだが、今回はきちんと直っていた。
 
20091020_01
 
整備状態は良好で、不具合は切れているライトがある程度。Tilt設定はやや厳しい。また、Tiltをすると2ボール没収になるのも痛いところ(そういう設定の台ってあるの?)。ゲーム内容は、ドロップターゲット完成のExtra Ballを目指しつつ、最終的には1〜6を完成させてビッグゲームを狙うという構成。古いゲームとしては珍しいんじゃないかな?
 
自分も当然、ビッグゲームを目指してプレーしたのだが、この台とはどうも相性が悪い。酒を飲みながらやったからかもしれない。ビッグゲームの点灯までは何回か行ったが、そこで稼ぐには至らず、台に負けた感じでくやしい。
 
貴重なドラピンが置いてあるバーなので、また行く。くそー。

Home > Archives > 2009-10

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card