Home > Archives > 2009-09-01

2009-09-01

Lightning Flipper

先週の土曜日に、日本大通りにあるBar an=swerにピンボールをプレーしに行ってみた。ここは店員も結構ピンボールが好きな感じで、暇だとプレーを観戦してくれたりするのでちょっと楽しいお店である。ピンボールのほうは整備が入ったらしく、前回あった不具合はほぼ解消して整備状態は非常に良好になっていた。
 
ここのBram Stoker’s Draculaのフリッパーは、純正のLightning Flipperである。Bram Stoker’s DraculaのLightning Flipperは稲妻の刻印が入っており、通常のWilliamsのフリッパーよりも1/8インチ(約3.1mm)短い。新小岩等の他のロケーションでもBram Stoker’s Draculaを見たことがあるが、それらのフリッパーは通常のWilliamsのフリッパーで、Lightning Flipperを見たのはここが初めてかも。
 
Bar an=swerのBram Stoker’s DraculaのLightning Flipper
稲妻の刻印が入っていて、ちょっと短い。
20090901_01 20090901_02
 
このフリッパー、尺が短いことを除けば非常に扱いやすい。狙った軌道にスパスパとボールが飛ぶし、Trapも非常にやり易い。ただ、やっぱり3mm短いデメリットも大きく、非常にセンタードレインがしやすくなっている。

ここのBram Stoker’s Dracula、異常に難しいと思ったら、設定の辛さだけじゃなくてこんな罠も隠されていたのか。「あと3mmあったら届くのにっ!」という場面が何度あったことか・・・。というわけで、今回も10億点を超えられなかった負け惜しみ(言い訳)レポートでした

Home > Archives > 2009-09-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card