Home > Archives > 2009-06

2009-06

JACK CAFE

ピンボール探訪記。日本大通りのカフェバー、Jack Cafeに行ってきた記録。
 
Jack Cafeは日本大通り駅から徒歩5分ほどの大桟橋の手前にあるカフェバーである。ここには、Grand Slam (Gottlieb, 1972)が設置されていた。台の整備状態は良好で、ライトがいくつか切れていた以外は特に問題なくプレーできた。
 
20090630_01
 
この台の良いところは、多くのピンボールに共通するテクニックを駆使できて気持ちいいところ。特にセンターでのスラップセーブやアウトホールでのナッジングで落ちそうな球をかなり拾えるので、上手くなったように錯覚できる。これって、かなり楽しい
 
短所は、ランナーを貯めて満塁ホームラン(グランドスラム)を打つと5,000点なのだが、そんな苦労をするよりもポップバンパーの1,000点やスタンドアップターゲットの500点で稼いだほうがはるかに安全で高効率なところ。グランドスラム、あんまり意味ねーw このため、狙う場所の選択肢が少く、やや単調となる。要はリスクとリターンのバランスが悪いってことだな。
 
まぁ、なんやかんや言っても、この台は総合的には良作の部類に入るんじゃなかろうか。この時代の台にしてはプレータイムも長いしね。
 
20090630_02
 
【今回のスコア】
Grand Slam : 79,660点

 
お店のほうは昼前から営業しているが、お昼時はピンボールができるような環境ではないので、ピンボールをやりたければ食事で混む時間帯を外して行くのが良いと思う。

VENUS

ピンボール探訪記。今回は、三ノ輪のダーツバー、VENUSに行ってきた記録。
 
昨日の夜は、事前にピンボール情報を得ていた日暮里のダーツバー、GROOVE.に行ってみたのだが、ここはもうピンボールを置いていなかった。でも、マスターが「三ノ輪のVENUSという店にピンボールがありますよ」と教えてくれたので、三ノ輪に移動。三ノ輪駅から三ノ輪橋駅付近まで5分ほど歩いたところに、VENUSはあった。ここには、Terminator 2 : Judgment Day (Williams, 1991)が設置されていた。
 
20090629_01
 
整備状態は非常に良好。もしかしたら、台が若干左に傾いているかもしれないが、気のせいかもしれない。ゲームとしては、ルールがわかりやすくてなかなか良いとは思うのだが、自分がランチャーから撃つのが非常にへたくそで、何回ランチャーに入れてもマルチボールにならないから、なんかピンボールじゃない部分で負けてる感じがして、個人的にはこの台はキライw
 
ランチャーが(個人的に)ダメなので、根性で『ターゲットで左オービットを点等して通す』を繰り返して、ランチャーじゃない場所からマルチボールはやりました。でも、スーパージャックポットもランチャーからだったので萎えたwww

20090629_02
 
【今回のスコア】
Terminator 2 : Judgment Day : 88,962,490点

スペースパニック

ピンボール探訪記。今回は、西船橋のゲームセンター、スペースパニックに行ってきた記録。
 
スペースパニックは、西船橋駅北口から東側のガード下をくぐってすぐの場所にある、小さなゲームセンターである。ここには、Tales from the Crypt (Data East, 1993)が設置されていた。
 
20090628_01 20090628_02 20090628_03
 
台の整備状態は良好。ただし、中央奥の白いライトが脱落して左オービットの隙間に落ちていた(プレーには問題なし)のと、右奥のVUK(Vertical Up Kicker)が弱くて、なかなかボールが出てこない現象があった。ここはマルチボール中に狙う場所なので、特にマルチボールになるとここにボールが溜まってしまう。ボール2つまでは待っていればVUKが頑張ってくれて、いずれ出てくるのだが、ボール3つになるとなかなか出てこず(我慢強く待っていれば出てくる)、ボール4つになると全く出てこない。こうなると、お店の人にガラスを外して取ってもらうしか手がないんだよなぁ。これは、たぶんVUKの形状が悪い等の台の設計上の問題だと思われる。整備でなんとかするには限界があるかも。
 
Tales from the Cryptは、Data Eastの黄金期のピンボールらしく(設計はともかく)ゲームとしてはかなり面白い台で、今回は思う存分楽しんだ。この店は店主の方はピンボールに理解がある方で、ボールが引っかかったりした場合の対応が非常に良かった。スコアアタックもしたのだが、モード1周はあと少しのところで逃した。次回は1周を目指そう。
 
20090628_04 20090628_05
 
【本日のスコア】
Tales from the Crypt : 1,002,657,980点 (ややチート気味)
Tales from the Crypt : 877,183,480点 (まっとうにプレー)

 
スコアのチート気味のほうは、右奥VUK不良でボールサーチの関係でマルチボール中にDouble Jackpot lit状態ごと1ボール喪失。そのかわりにボールを除去するまでにVUKに引っかかって2億点ほどの加点があった。利害関係は微妙なところ。

大森駅ビルLaLa (その2)

ピンボール探訪記。この間の探索記事で大森駅ビルLaLaのピンボールを3台紹介したら、各方面から「もう一台ある」との突っ込みを受けたので探しに行った記録。
 
大森駅ビルLaLaの5Fには、『Banana boys バーガーコング』というダーツバーがあり、ここにこの間見落としていたピンボール、Goldeneye (Sega, 1996)が設置されていた。
 
20090627_01
 
したがって、大森駅ビルLaLaのラインナップは、次の4台である。
Apollo 13 (Sega, 1995)
Independence Day (Sega, 1996)
Twister (Sega, 1996)
Goldeneye (Sega, 1996)

 
さて、Goldeneyeであるが、ご存知007をテーマにした台である。基本的な整備状態はまずまずであったが、サテライトへのジャンプ台となるカタパルトがきちんと上がらず、サテライトの獲得が不可能な状態であった。
 
それはそれとして、一応プレーしてみたのだが・・・なんというか残念な台である。ボールセーバに磁力を使うギミックなんかは面白いと思うのだが、どういうワケだかゲーム的に楽しくない。ランプもそれなりに通るし、ミニゲームもマルチボールもちゃんと始まるんだけど・・・何がいけないんだろ? 1時間余りのプレーでは原因はよくわからなかったが、現状ではこれまで私が見てきた台の中では下から2番目の評価となった。
 
サテライトがきちんと機能していれば面白いのかなぁ・・・なんとなく、そういう雰囲気でもないんだよな。まぁ、好みは人それぞれだし、次回やってみたら評価が変わる可能性もあるのだけれど。
 
なんとなく残念だったので、帰りに4FにあるApollo 13で2ゲームほど憂さ晴らしをしてきた。結果、なんとかギリギリでネームエントリーができた。
 
20090627_02
 
【本日のスコア】
Apollo 13 : 1,976,776,750点

BANANA Bar

ピンボール探訪記
今日は、吉祥寺のハーモニカ横丁にあるBANANA Barに行ってきた記録。
 
BANANA Barは、吉祥寺駅北口すぐのハーモニカ横丁の入り口のところにあるバーである。店の入り口はわかりにくいが、下の写真(ハーモニカ横丁の入り口から撮影)のネオンサインの輝いているところにある階段を上がってゆくとある。
 
20090626_01
 
この店には、ピンボールが1台設置されている。機種は、去年ピンボールを再開してから探し求めていた台、Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends (Data East, 1993)である (情報を提供して下さった方、ありがとうございました!)。
 
20090626_02
 
設置場所は3Fの階段横で、幅、奥行き、高さともにギリギリの大きさのスペースにすっぽりと納まっている。天井からは、バックグラスを隠すように電灯が下がっていて、その光がガラスに反射していて、写真映りは最悪といってよろしいw
 
プレーしてみると、フィールドの整備状態は良好。電灯の反射も思ったほどは気にならない。強いて言えば、台が僅かに右に傾いているのと、右フリッパーが若干ヘタリ気味なことぐらいである。一方、バックグラスは(そもそも電灯の陰になって見えないがw)ハットトリックのギミックが故障しており、サイが出っ放し、ライオンはほとんど出ず、きちんと作動するのはRockyだけという状態。まぁ、ここはゲームには直接影響しないから、いいんだけど。あと、TILTがめちゃくちゃ厳しい。ネバーランドよりも厳しい。まぁ、甘いよりはよっぽど楽しいけどな。
 
LUM氏と3時間ほど遊んでみたが、やはりRocky and Bullwinkleは、Data Eastの台の中でも出来のいい台だね。構成やモードのプログラミングもいいし、Brian Schmidtが担当しているサウンドもいい。
 
20090626_03
 
【本日のスコア】
Rocky and Bullwinkle : 273,982,800点

 
スコアは、3億点には届かず。LUM氏も2.8億点ちょいぐらいだった。相変わらずいい勝負だw 10年以上前の自己ベストにはまだまだ遠いけど、当時やっとこ獲っていた2億点台があっさり出ているのは、当時より上手くなっている証拠であろう。

Home > Archives > 2009-06

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card