Home > スポーツ | 日記 > リバースサーブ

リバースサーブ

今日は、テニスのはなし。ヨウメイさんは、テニス(硬式)をそれなりに長いことやっている。年数にすると・・・25年ぐらい。頻度はせいぜい月に1・2回程度。それでも、それだけ長年テニスをやっていると、ちょっと特殊な技を身につけたりする。それが、リバースサーブである。世間一般では、トリッキーなだけの使えないサーブと目されているw 曰く、威力がない。曰く、コントロールが効かない等。
 
リバースサーブって何? という人のために解説。ここでは、右利きの人を前提として話を進める。スピン系のサーブには、大きく分けて次の4種類がある。
・サーバーから見て左に切れて左に高く跳ね上がるのがスピンサーブ
・サーバーから見て左に切れて左に地面を這うように跳ねるのがスライスサーブ
・サーバーから見て左に切れて右に高く跳ね上がるのがツイストサーブ
・サーバーから見て右に切れて右に地面を這うように跳ねるのがリバースサーブ
普通、右利きの人はスピンサーブかスライスサーブを打つ人が多い。なぜなら打ちやすいから。ツイストサーブとリバースサーブは結構打ち難く、かなりマニアックである(テニプリの影響でツイストサーブを打ちたいという人が多くなった模様)。
 
ヨウメイさんは、ここ10年ぐらい主力のサーブとしてリバースサーブを使っている。サーブのキレを問わなければ、それなりの決定率で入れられる。しかし、これは意外性のあるクセ球だというだけで、慣れれば楽に取られてしまう(それでも、初対面に人にはすごい武器になるw)。これまでも、キレのある球は、ときどき打てるけど、どういう打ち方をすればキレが出るのかがわからなかった。
 
で、長年、常にキレのある球を打つ打ち方を探していたワケだが、昨日、なんとなくそれを見つけた・・・ような気がする。いつものように、少しづつサーブの打ち方を変えて調整していったら、キレが出るポイントがあった。そして、それ以降、キレのある球が非常に高い決定率で打てるようになった。いつもやっている、リバースサーブに慣れている人達が取れない、異常に切れるサーブたまたま好調なだけだったのかもしれないけど。
 
次回も同じ球が打てれば、間違いない。乞うご期待。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yonyon-blog.net/youmei/2008/04/28/%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%96/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
リバースサーブ from サイト管理者のよんよん日記

Home > スポーツ | 日記 > リバースサーブ

Search
Feeds
Meta

Return to page top

QR Code Business Card