エンドレス・サマー

今日紹介する曲は夢見るPの「エンドレス・サマー」です。前作「ユア・ソング」のスカ・パンクに続き、今回の作品はアイリッシュ・パンクとなってます。

本当に大切なことはまだ言えなくて・・・それでも、この瞬間が弾けるように溢れ出すこの想い!

エンドレス・サマー】 作詞:夢見るP 作曲:夢見るP
夏が近づく 明るい午後に
坂をかけてく 君に手を振る
空を見上げて つまづきかけて
くだらないことで 笑いあって

風が ざわめきをさらったら
そっと 名前を呼びあうように
約束をした

いつまでも、どこまでも
このままで いたいよね
本当に 大切なことはまだ
言えなくて

それでも
この瞬間が はじけるように
あふれだす この想い

夏が訪れ 陽射しをあびて
鮮やかに花が 咲きほこるよ
胸の高鳴り おさえきれずに
打ち水の散る 道を走る

光る 通り雨がすぎたら
虹が 空高く架かるように
願いをかけた

いつまでも、どこまでも
このままで いたいよね
ふたりだけ 抜け出して
手をつなぎ 子供みたいに

いつまでも、どこまでも
このままで いたいけど
本当は わかってる
おだやかに 離れてく

それでも
この瞬間が ほどけるように
忘れてくなんて いやだよ
この夏が 終わらないように
神様 時間をとめて

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*